オリジナル曲「Shutter Chance!!」

quadimentionV

中国語ボカロの同人コンピレーション・アルバムシリーズ、「Quadimention平行四界」というのがあるのですが、シリーズ最新アルバム「平行四界V」に参加させていただくことになりました。

こちらからクロスフェードが聴けます。自分の音源は音雲に上げているのでどうぞ。

参加曲は星尘ちゃんが歌う「Shutter Chance!!」という曲。気になる子を撮りまくるだけが生きがいの一途で残念な女子がテーマの、場違い感満載のわちゃわちゃした曲です。

そう、僕の中で大ヒット中のマンガ「ももくり」への愛を思うがままにぶつけてみた作品。知る人ぞ知るという感じの隠れパロディ。PV見た限り絵師さんには見事に伝わりませんでした無念!自分の力不足です。でもかわいい絵ありがとうございます!

もちろん中国語歌詞も自分で作りました。いつも以上に恥ずかしい歌詞です。


今回頑張ってくれた中国語ボカロ、星尘ちゃん。表紙の真ん中の娘ですよ。かわいい!(三人の手に注目すると新たな発見があるらしいです)

中国語ボカロとしては確か四人目、そして初のV4X対応ボカロです。

コンピ参加のお話を貰ってから色々聴いてみたのですが、キャラのイメージ、既出の作品を聴いた感じでは、名前通り、星空に良く響きそうなきらびやかでのびのびーとした歌い方が強み。いかにもバラード向きという感じです。でっかいホールリバーブが超似合いそう。

というか、これまで出てきた中国語ボカロってだいたいみんなそんな感じですよね・・・。赤い娘、楽正綾だけは比較的ロック向きな、地に着いた声だけど、ほか三人は明らかにラピスのポジション。

中国らしさが欲しいとはいえ、もう少しバリエーションをですね・・・


(バラードで正面から挑む勇気も無かったので)意外に万能かもしれないと期待しつつ、今回はあえて地面に引きずりおろして、アップテンポわちゃわちゃポップスを歌わせてみたのですが、やはり結構苦労しましたね。母音が少し長いから要所要所で、なんかふにゃっとなる。それはそれでかわいいけど。

リサーチ中に見つけたんですが、既出作品の中には、ポップ調の曲も一応ありますね。良作。イラストはまさに今回の表紙描いた人っぽいです。

一通り作って感じたのは、やっぱりリンちゃんが一番有能だよね!一番かわいいよね!もっと歌わせなきゃ!